ここまでにみそ、醤油(しょうゆ)、鰹節(かつおぶし)、ワイン、乳腐(にゅうふ(=ルーフー))、テンペ、チーズなどは、カビとの関(かか)わりがあることを学んできました。
カビなどの微生物(びせいぶつ)が関わった「発酵食品」です。
ほかにも、発酵食品はたくさんあるんですよ。
日本生まれの発酵食品としては、清酒(せいしゅ)(日本酒)や焼酎(しょうちゅう)、みりんなどの酒類(るい)のほか、お酢(す)、納豆(なっとう)や塩辛(しおから)などがあります。
海外生まれの発酵食品で身近にあるのはヨーグルトやパン、ウスターソースやアンチョビ、キムチやメンマ、ナタデココも発酵食品の仲間(なかま)です。
お茶は、加工(かこう)の過程(かてい)で全然(ぜんぜん)発酵させないものが日本茶、途中(とちゅう)で発酵を止めた物がウーロン茶やプーアル茶という中国茶、それよりさらに発酵を進めた物が紅茶(こうちゃ)なのです。
~カビの一種(いっしゅ)である麹がお米を甘(あま)いものに変化(へんか)させるよ~
※米麹、米の量(りょう)は、商品の注意書きに従(したが)っ・・・
日本の料理(りょうり)=和食に欠(か)かせないのが、コウジカビを使ったさまざまな調味料や食べ物、お酒などです。
醤油(しょうゆ)、鰹節(かつおぶし)、 みそなどの調味料、・・・
みんなは、ピザやグラタン、チーズバーガーなどは好(す)きですか?これらを作る時に欠(か)かせない「チーズ」もまた、カビをうまく利用(りよう)してつくられる食品なのです。・・・
世界の各国(かっこく)には、まだまだカビを積極的(せっきょくてき)に利用(りよう)した食べ物があります。
まず、みんながよく目にすることのあるキムチ。これもその材料・・・
塩漬(しおづ)けの漬(つ)け物を作っているところを見たことがありますか?
塩漬けを作る時には、野菜(やさい)や果物(くだもの)の上に・・・
フランス革命(かくめい)の時に活躍(かつやく)したナポレオン・ボナバルト(1769~1821)もまた、チーズが大好きだったそうです。・・・
ここまでにみそ、醤油(しょうゆ)、鰹節(かつおぶし)、ワイン、乳腐(にゅうふ(=ルーフー))、テンペ、チーズなどは、カビとの関(かか)わりがあることを学んできました。・・・
人々(ひとびと)が発酵(はっこう)させるという技術(ぎじゅつ)を身につけたのは、食品を保存(ほぞん)するためでした。これは昔ながらの製法(せいほう)です。・・・
ここまでに、さまざまな食品にカビのパワーが関(かか)わっているのは見てきたよね。
キムチや納豆(なっとう)もカビのパワーがいきているんだ。
だけど、キムチも納豆も、においがちょっと苦手(にがて)・・・っていう人、けっこういるよね。・・・